生活日記

生活を頑張る

まだ筋肉痛の日の夢

大きな神社の広場で大勢の人とパフュームを踊る。
クラブみたいに暗い広場で、自分が踊れる曲ばかり流れてきて楽しかった。
最新曲も流れたが、振り付けが分からないので、広場にいた全員がしゃがんで、前方にある大きなスクリーンを見ていた。
側にいたお兄さんと話す。「ダンス上手ですね。」「最近はあまり踊っていないので……。」
側にいたお姉さんに「トイレどこにあるか分かりますか?」と聞かれ「ここを出て、右か左に行けばあるんじゃないんですか?」と言うと苦笑された。
目の前にファミマがあり「コンビニにならあるんじゃないんですか。」と伝えた。


実家の私の家。模様替えする前の間取り。
この前知り合った男性グループ3人がソファに座っている。私と女の子はベッドに座っている。
壁沿いにあるエレクトーンの前には、女性の先生が座っていた。
先生が厳しめの声で「明日からの練習は、私さんだけにします。」と言った。私は自分だけが選ばれて嬉しかったが、女の子の様子が気になる。男性は「これで失礼させていただきます〜」と軽い感じで言って帰っていった。
昔使っていたエメラルドグリーンのガラケーに着信。女の子が手渡しで持って来てくれた。1度出てみると、英語が聞こえる。怖くなって切ろうとするが、何回電源ボタンを押しても消えない。仕方なく電池パックを外したら、消えた。